2017年 気になるデバイスは

2017年の気になるデバイスとその動向

-高解像度化、HDR対応がスタンダートなる液晶ディスプレイ、有機ELも?
TVは4K解像度とともにHDRの対応がデフォルトになりそうです。NETFLIXやAMAZON、YOTUBEなどでは既に4KやHDRに対応した動画が公開されております。

まぁ表示装置が対応してないと上の動画視聴してもそんな変わらないですけど。

近々ラスベガスで開催される世界最大規模のエレクトロニクス見本市「CES」では、各メーカーが有機ELのディスプレイ・TVを発表するという噂もあり、今年はちょっとした転換点になるかもしれません。

またスマートフォンのディスプレイにHDR対応しているものが出るかも注目すべきところでしょうか。

-HMDはさらなる進化を遂げる?

PSVRが未だに入手しずらい状況が続いていますが、HTCViveに関しては、去年の段階で既に新型の噂がありました、内蔵されている液晶の解像度が上がるなど色々な噂が出ています。「CES」で登場する噂もあります。

ただHTCViveを無線化させるデバイス(恐らくHTCではない別メーカーが制作している)が同イベントで公開されるのはほぼ間違いなく、今後の他のHMDでも類似した製品が出るかもしれません。

MSIがバックパック型PCの『VR ONE』の販売を開始。スマートフォンなどを使ったモバイルVRではできなかったルームスケール対応にするデバイスなど、ハード自体の単純なスペックアップだけではなく、既存の機能を拡張させるような機器も多く出そうです。

この先ケーブルなどの不要なものを排除し、より没入感を高める方向にいくはずなので楽しみですね。

米にある、歩き回れるVRアトラクション施設『THE VOID』や、視野角210°、5K解像度を持ち、既存のハイエンドHMDを凌駕するスペックのHMD「STARVR」を使用した『IMAX VR』なども国内に出てくると嬉しいかなと。

また1月には従来のHMDとは一線を画す『FOVE』がいよいよリリースされます。『FOVE』は、”視線”の追跡が できるHMDです、既に東京ゲームショウゲームでは、プレイアブルの状態でゲームが3本出てました。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-5

プロダクトデザインは無印良品のデザイナーだった桑野陽平さんが担当。CEOは小島由香さんという方です。一度お会いしましたが、とてもエネルギッシュな人でした。

FOVEは会社としての取り組みも非常に素晴らしく、寝たきりのお祖母様に孫の結婚式を楽しんでもらうために、同製品を使用しリアルタイムで孫の結婚式を体験してもらうといったこともしています。

そして様々なメーカーが乱立ししのぎを削っている中国のVR市場も見逃せません。XIAOMIが超低価格のVR-HMDを発表、早くからケーブルがない一体型のHMDを出しているIDEALENS K2は既にツクモの法人部門で販売開始されています。

microsoftのhololensのパートナーが中国メーカーで占められているという話もありますし、来年も中国の動向がエレクトロニクスの分野では重要な要素になりそうです。

-BLUETOOTHのイヤホン・ヘッドフォン

iPhone7からイヤホンジャックがなくなったことを受け、bluetoothイヤホンが今年以上に出てくるかなと思います。

中国製の安いイヤホンは既に価格に対して納得できる音質は出せており、去年は新たに高級イヤホンのメーカーで知られるクリプシュがいよいよ参入してきたり、2016年には僕が愛してやまないNuforceのワイヤレスイヤホンBE6i、

509

B&WのP7 WIRELESSなどが登場しています。

1_product-p7w2017年は、通信距離が2倍と距離4倍、消費電力変わらずという、幾分話を盛ってる感がいなめない「Bluetooth5」に対応した製品も出てくると見られ、この傾向は加速すると予想されます。

個人的には音質には大きな問題もなさそうなことが体感できたので、バッテリーの保ちにも期待したいですね。

2016 -買ってよかった素敵プロダクト3

今年は写真撮影に加えて新しい事を色々初めています、という書き出しの第3段です。

環境が変われば必要なものも変わる。今回は2016年に買った素敵なガジェットをご紹介します。

  1. PFU Happy Hacking Keyboard Lite2 日本語配列かな印字なし71oBUzBLkNL._SL1500_.jpg

    長文書くようになって良いキーボード買おうって思ったんですね。んで、買ったのがこれ。安いもので5千円くらいしちゃいますが、打鍵感が優れていて打っていると気持ち良いです。自宅用に一個欲しいくらい、疲れ知らずでずっとキーボード打ってられます。キーボード1つでこんなに違うのかと。どの職業にしてもキーボードで文章を打つ人は多いと思いますが、本当におすすめです。僕はMACBOOK PROに繋いでる。

    アキバのヨドバシの店頭あたりでは試せるかと思うので気になる人は触ってみると良いと思います。

    http://www.pfu.fujitsu.com/hhkeyboard/

  2. TASCAM ( タスカム ) / DR-05 VER2-JIMG_7911.JPGライブからインタビューまで超高音質で録音してくれるリニアPCMレコーダーです。録音モードは高音質のwav形式から、mp3での低容量ながらもきちんと高音質に抑えてくれる2つの選択肢があることも嬉しい。

    恐らくマイクの質が良いのかなと。iPhoneでも録音は可能だし、同じ形式やレートでも録音も可能だけど、出来上がるファイルの質は圧倒的。

     

    次、旅行行ったらテンションの上がる環境音録音して音源をアップしようかと思います。

  3. SoundPEATS – Bluetoothイヤホン61x09nrxmwl-_sl1500_

Bluetoothのイヤホンには音質的な意味で懐疑的だったんですが、イヤホン買うたびに断線させてるので、いっそケーブルレスのものを買おうとしたことがきっかけ。

なので3千円しないエントリーモデル買ったら悪くない。というか、この値段なら全然有り。低音も出るし、そこまで嫌な低音ではない。これどういうことなんだろうと思ったらBluetooth4.0になってから随分音質が上がったもよう。

http://japan.cnet.com/interview/35092529/

ただ電源入れた時に、片言の日本語で”デンゲン ヲ オン ニ シマス”とアナウンスが毎回入るのがつらい。価格を考慮した上でという前提で気になる点はここだけかなと思います。

iPhoneは「7」で以降でイヤホンジャックがなくなり、今後はワイヤレスのイヤホンが主流になっていく見込みなので、今のうちに色々試すのが良いかもしれんないですね。

ちなみに僕は今クラウドファンディング「indiegogo」で、PUMP Audio MIX Wirelessっていうイヤホンを支援して到着を待っているところ。

超期待。

Pump Audio – Mix Wireless from Adam Blair on Vimeo.

2016 -買ってよかった素敵プロダクト2

今年は写真撮影に加えて新しい事を色々初めていますという書き出しの第2段です。

環境が変われば必要なものも変わる。今回は2016年に買った素敵なVRHMDやゲーム機などのハードウェアを紹介します。

  1. VR-HMDVR元年と呼ばれる2016年。ハイエンド機器ではソニーのPlayStationVR、FacebookのOculus Rift、HTCのHTCViveの3製品が発売されました。いずれもフルパッケージで10万円を超える製品です。モバイルではGearVRが2015年の今くらい、そしてGoogleのDayDream(国内では未発売)を始めとして、2千円程度のものから1万円を超えるものまで、多種多様、多くの製品が出ました。-PlayStationVRimg_6172

    未だに入手困難なPSVR。今回挙げた機器の中で一番重いと言われている610gという重量であるにも関わらず、装着感は圧倒的に良い同製品。メガネを付けたままでも簡単に装着でき、国内外の大手ゲーム会社の気合の入ったコンテンツがプレイできます。特に『Rez Infinite』や1月に出る『BIO HAZARD7』は圧倒的なクオリティで未来の体験をさせてくれます。

    価格的にも一番入手しやすく(手に入りやすいかは別)、恐らくここ数年で一番世に出回るHMDになるのではないでしょうか。

    ちなみに、HDMIで繋がるものは全てPSVR内で表示できるので、それこそ”色んな”使い方ができます。

    非公式(notオフィシャル)ではありますが、Windowで動作するドライバーも公開されており、来年はますます期待のできる状況になるのではないでしょうか。

    PS4持ってる人は間違いなく買いの一品かなと思います。

    ちなみにPS4Pro持ってる人は対応タイトルの場合、PSVR上でも更に解像度が上がります。
    凄いですよ、この組み合わせ。

    -Oculus Rift + Touch

    僕の付けてる黒縁眼鏡だと装着できないという問題があること、リリース当初の配送遅延、DRMを強化して他のHMDで動かないようにして、猛反発をくらい即座に撤回など、当初は非常にゴタゴタしました。

    ただし最近ではそういったトラブルもなくなってきたことや、Touchのコントローラーのできの良さは、現在世に出ているVRのコントローラーの中で、圧倒的な没入感をもたらしてくれます。

    今回はtouchの配送遅延もありませんでしたしw、来年には有力なタイトルも出るのでHTCViveに押されていた状況も盛り返せるかもしれません。


    -HTCVive

    PCゲームのプラットフォーム「Steam」とがっちり組んで、VR業界でも一気にシェアを撮ったのではないかと思うほどの勢いを見せたVive。

    Steam上では毎日途切れることのないVRコンテンツが公開されており、国内ではVRアトラクション施設「VR ZONE」や「VR PARK TOKYO」などでも使用されています。

    施設の方いわく圧倒的な耐久力であったとか。また 当時他のHMDにはない、ルームスケールという特定の範囲の空間を歩き、それがVR空間にも反映される機能がありました。

    この仕組が非常に革新的で、敵の撃つ弾を避けたり、高層ビルの上でほっそい板を渡って猫を助けたりすることができるようになりましたw

    実際に体験しましたが、高所恐怖症の僕にはたまらんコンテンツでした。まさに没入。

    これらのHMDの中では、環境を踏まえると、どれが一番と断言するのは難しいです。ここ1年でまた状況が変わるかもしれません。

  2. ゲーム機

    -PS4Pro

    PS4の上位互換機であるPS4Pro。CPUやメモリの差はないものの、GPUの性能が1.84 TFLOPSから4.20 TFLOPSと2倍以上アップしています。この恩恵に預かって、PS4Proに対応したタイトルは解像度などが向上し、『Rez Infinite』では明らかにくっきり感が違います。今後対応タイトルも増えていくので、オススメです。

    -ニンテンドウクラシックミニ

    ファミコンしてた30代以上は買うんだ。ハードウェアの出来の良さは完璧に近く、他に言うことはない。以上。
    img_6791

2016 -買ってよかった素敵プロダクト1 

今年は写真撮影に加えて新しい事を色々初めています。

環境が変われば必要なものも変わる。今回は2016年に買った素敵な物をご紹介します。

  1. FUJIFILM X-Pro2+35mm14445104_10211039141801117_4145191775229483581_o

    X-E1という前の世代のカメラも使ってました。出て来る画質には満足してますが、AFが絶望的に使えない、暗所での撮影が辛い。EVFで追従速度が遅すぎるなど様々な難点がありました。

    ある程度理解して買ったんですが、僕の腕の問題もあり使い続けるのを挫折。ほとんどお蔵入りになった経緯があります。

    そして2016年3月3日、満を持してX−Pro2が発売。

    今回はAF、EVFの性能が大幅に向上。以前のモデルにはなかった質感豊かなモノクロモードである「ACROS」。発色を抑え暗部のコントラストを高めることで落ちついた表現である「クラシッククローム」などの画質モードが加わり、店頭で確かめた限り問題がないレベルだったので購入しました。

    旅行にはもちろん、仕事でも使用することになり、某声優さんの撮影などでは、これを使って撮影しています。

    img_6221

    ただし、万人におすすめできるかというとNOです。もちろん欠点がないわけではなく、

    ・AFが早くなったと言っても、前に比べてなので、同じ値段で買える一眼レフよりは多少遅い傾向にある

    ・WEB用などに解像度を小さくした際、異様に画質が荒れるケースがまれにある。

    ・SDカードのファイル番号が4桁を超えると、別のSDカードを使ってフォーマットして、ファイル番号をリセットする必要がある。

    といったものがあります。

    (バッテリーは保ちはよくありませんが、FUJIFILM固有の問題ではなく、ミラーレス全体の問題です。)

    ともあれ、このカメラの満足度は非常に高く、購入後は撮影の6,7割はX-Pro2になっています。

    img_5812

    *普段の撮影はNIKONのD810やD610も並行して使っています。

  2. FUJIFILM レンズ – XF90mmF2 R LM WR , XF10-24mmF4 R OIS■XF90mmF2 R LM WR

    img_7055

    このレンズはフルサイズ換算で137mmの単焦点レンズです。AFも早く、写りも非常にシャープ。不満という不満はありません。ただ換算137mmの単焦点レンズなので、狭い部屋ではほぼ使えないなど、環境を想定した状態でしか使いにくいという問題があります。

    とはいえこの距離のレンズを買う人は、そこらへんを理解していると思うので大丈夫ではないでしょうか。

    ■XF10-24mmF4 R OIS

    dscf0113-copy

    このレンズはフルサイズ換算で15mm、最大望遠36mm換算の超広角ズームレンズです。写りもとてもシャープ。人の目よりも広く映すことができるその視野角も、最初は手こずりこそすれ、慣れてきたときには圧倒的なスケールでその瞬間を捉えてくれます。

    img_4628

    36mmという標準に近い距離での撮影も可能なため、このレンズをつけっぱなしでも、色々なシチュエーションで撮影できる頼りになる相棒です。

    ミラーレスのレンズにしては大口径ですが、重さはそこまで気にならないレベルかなと、思います。(410g)。

    以上、今年使ったカメラとレンズです。ただ繰り返し言いますが、今回書いたプロダクトは、万人におすすめできません。

    X-PRO2はもちろん、今回挙げたレンズも単焦点や標準域もありますが超広角でもあるので、本当にその特性を理解した上で使えないと、各々が結構”しんどい”価格帯のプロダクトではあり、思ってたのと違う・・となりかねません。

    ただしハマる人には、本当にハマる組み合わせなので、興味のある人は借りたりして、数日使い込んで見るのが良いかなと思います。

    興味ある人は質問も受け付けておりますので、是非どうぞ。

 

 

photoshop lightroom4 ガイドブック lr4的なね。

ちうことで、買いました。

Lightroom4のガイドブック買いました。買ったんです。

著者はmartin evening(公式サイト)

実際にプロカメラマンです。

680Pにも渡って実例を交えた解説本です。

英語アレルギーのない方はぜひ。図も多いので、触ってる人なら大丈夫です。

お値段は4500円くらい。

今んとこ4月17日現在、国内からはLR4的な解説本、書籍等は出ていません。

定休日は人参のやる気次第

ちうことでようやく  カレーライス協会 (←店名)に行って来ました。

とっても美味しいんだけど、材料であるところの人参自体から “やる気”  が感じられないと、

その日は定休日になります。

もうね、門を見た瞬間吹いた。普通のテンションなら、まず入れない。

このお店は、メニューはなく、入店すると、

カレー、野菜スープ、いちご、チャイ、ヨーグルトが強制的に出てきます。

1品勝負です。粋だね。

 

このカレーと、野菜スープが、びっくりするほどに美味しい。

店のおいちゃんも、噂で聞いてたよりは、随分はなしやすい人だった。

久々に満足度の高いものを食べたなぁ。

ちなみに店のキャパはマックスで6人くらいかと思います。

頻繁には行けないけど月1、mustな感じで。

建築関係の雑誌は高い

こないだテレビで知人の自宅が出てたんだ。

一度行った事があるんだけど、もう浪漫を追求したような家でね。
そらテレビにも出るわなって素敵な家なんです。

僕はかなり建物が好きなんす。インテリアも含めてね。
penやcasa brutusで、特集あると、しらん間に買ってる。

a+uなんかも、凄く良い雑誌だけど3000円位するから、簡単に買えない。

最近は代官山の洋書店の店仕舞いで、flameなんか結構買い込んだりしてました。
そんな建物愛に溢れてるのに、なんで写真撮るの下手なんだろね。。
大問題だよね。

ちなみに今撮りたいのは、バレンシアにあるCiudad de las Artes y las Ciencias(科学教育と芸術のための複合施設)

次回スペイン行ったときは寄る予定。

妹のいるバルセロナからは結構な距離があるけど、また車借りてブラブラ運転しながら行きたいね。

20120404-230123.jpg

2days in parisを見た

パリのタチが悪い部分がよく描かれている良作でしたw

お話は、アメリカ男とパリ女のカップルの話。

男のほうは仏語がわかりません。それを良いことに色んな事言われてますw

言葉がうまく通じず、カルチャーショックを味わったことある人には、凄くオススメ。

デートムービーじゃないよ!!

ずーっとにやにやしながら映画見たの久々だなぁ。